風俗へ行くにはどれくらいの金額が必要?

風俗のお値段!参考までに

風俗店はどんな種類に分かれているのか

歓楽街でまず目に入りやすいのは、キャバクラではないでしょうか。 キャバクラやガールズバー、ちょっとディープなキャバレーまで。 ある意味直接的な性的サービスでない為、プライスレスな面も大きいような気もします。 それらの料金はどのくらいの相場なのでしょうか?

ときにはピンサロでスッキリしたい

オナニーの延長線と言えなくもないけれど、やはり女の子にサービスしてもらってヌキたい! 女の子と、触り触られしたい! そんな欲望をかなえてくれるお店が、ピンサロやファッションヘルス、イメクラなどです。 それぞれのサービスや、価格設定をみてみましょう。

どのくらいの金額があれば行ける?

結論の前に、ちょっと番外編。 風俗店を賢く利用するために、気をつけたほうがよいことを挙げてみました。 ほんのちょっとしたことかもしれませんが、こちらも参考にしていただけたらと思います。 そしてどのくらいの金額があれば、だいたいの風俗店に入れるのか? 何かの目安になれれば幸いです。

キャバクラで女の子と仲良くしたい

昨今、芸能人の不倫スキャンダル記事を、よく見かけるようになりました。
男性の立場からすると、欲望を、不倫という形にせずとも、風俗店でうまくお付き合いできなかったのかな?とも思ったりします。もっとも、風俗店も浮気ととらえられれば、それも不倫なのかもですが。

恋愛と欲望は、全くのイコールではないでしょう。
でも男性は構造上、欲望が恋愛における原動力の、ある一定量を占めているのも確かです。
なんだか切ないような、こそばゆいような。

たいていの場合、恋愛では、男性が欲望を前面に出すと、女性には引かれてしまうと思います。
引かれないために、気をつけたい男性。
もちろんそんな意中の女性がいなかったり、現実的に距離があったりで、もやもやしている男性も。

浮気の定義はひとまず置いておいて、風俗店を利用するのも、解決策のひとつとも考えられます。
風俗店を賢く利用すれば、男性としてちょっと余裕が出来るかも!

ではひとくちに風俗店といっても、どんな種類のお店があるでしょうか?

性的サービスをするお店という意味を、ここでは広く捉え、キャバクラなど会話を主に楽しむお店も、女性を多分に意識させる場として含めます。
もう少し直接的なサービスとして、ピンサロやヘルスなど、オナニーの延長線のようなことができるお店。
ソープランドのような、本番も含まれるお店に分類することができます。
いくつか種類ごとに内容を取り上げながら、気になる料金はどのくらいなのか?
調べてみたいと思います。